専門家に依頼しなくても、

相場の1/50の費用、AI出願の1/10の費用で、
手間をかけずに商標がとれるプログラムを開発!


-TASプログラムー

 

 

●背景
1.本人出願が増加傾向にある。
(1)近年、ブランドへの認識及び関心が高まっています。

(2)それにともなって、商標登録出願件数は増加しており、2020年には約18万件の出願がされています。
  


(3)うち、専門家に依頼しない本人出願の割合が約40%(2019年)あります。


●問題点
(1)しかし、上記のような本人出願が増加すると、拒絶理由が通知される割合が多くなります。



 拒絶される理由は、
 ①指定商品(役務)が適切でない
 ②類似商標の調査不足
 ③商標に識別力がない
 などが主な理由ですが、これらの拒絶理由が増加する要因は、商標出願という制度に不慣れな人が自分で出願することによる形式的な不備が原因となっています。

(2)さらに、商標制度は「早い者勝ち」(先に出願した者だけが登録できる制度)ですから、できるだけ早く出願することがポイントになります。

(3)対策
そこで、これらの問題点を解決するには、下記の3つの対策が必要となります。
 ①指定商品(役務)を適切に選ぶこと
 ②商標の調査を特許庁の基準に合致するように行うこと
 ③ライバルより先に出願すること

●解決策
1.TASプログラム
(1)上記の3つの対策を盛り込んだものがTASプログラムです。
(2)TASプログラムは、必要項目を入力するだけで
 ①指定商品(役務)を適切に選び
 ②特許庁の基準に合致した調査を行って、
 ③自動で、出願書類を1時間以内に作成し、ライバルよりも先に出願することを可能にしたプログラムです。

2.費用の比較



資料請求
 このTASプログラムに興味をお持ちの方は、詳細な資料をお送りしますので、ここをクリックして資料請求してください。(必ず「資料請求」と書いてください))
 
●ただし、下記のような経営者
(1)時間節約のために専門家に代行してほしい経営者
(2)緊急性のある経営者
(3)外国での商標をとりたい経営者
のみなさんは、下記のボタンから「問い合わせ」もしくは「出願依頼」をしてください。

 

 

相談、お問い合わせは無料です。まずは、お問い合わせください!

問い合わせする

出願の依頼をする

  • tel.03-6452-9500
  • fax.03-6452-9501